背景.png

ナノレベルの研磨を実現する
ダイヤモンド配合のゴム砥石。

ペルーラダイヤ.png
ペルーラ多種.png

ダイヤモンドとゴム「軟

削る効率を考えたバランスで配合し

特許製法により優れた研削力と耐久性の両立を実現しました。

ジルコニア用とセラミック用を揃え

全13種の形状と8種の粗さのラインナップで

​さまざまなニーズに対応します。

¥2,800より (税抜き)

特長

 

ナノレベルの研磨が、
誰にでも。

ナノレベルの研磨面では、プラークの付着を抑制して対合歯への影響が非常に少なくなります。​そのため、約1秒の接触で素早く、簡単に3ステップでナノレベルに仕上げられるように設計しています。

*研磨を行うことで、対合歯の摩擦量を減らせるという情報が多くの学界や文献とうで発表されています。

Group.png

ダイヤが動き、
​力強く柔らかい切削を実現。

ダイヤが遠心力によってゴムの表面から突出することで、削る効率が上がります。また、ダイヤが受けた衝撃をゴムが吸収することで、クラックのリスクを低減します。

高純度ダイヤを採用した
優れた耐久性。

何度となく試行錯誤を重ねた結果、純度が高く高級品である高純度のダイヤを大量充填することによって、高い切削力を実現することができました。

独自の接着技術で実現する

耐久性と切削力。

通常では接着できないゴムとダイヤを弊社の特殊処理技術で接着することで、ゴムからダイヤが外れにくくなり、他社製品にはない優れた耐久性と切削力を兼ね備えております。

自社工場生産への誇り。

自社工場に専属する職人たちによって

ひとつひとつ丁寧に作り出し、

​ひとつひとつ手に取って徹底した品質管理をしています。

そのため一度に多くの発注をいただく際には少々お時間を頂戴してしまいますが、

すべては "患者と歯科医師、歯科技工士のための製品である"という信念のもと

常なる品質と技術の向上に一切の妥協を許さない姿勢で生産しています。

研磨の3ステップ

 

ダイヤとゴムで優しく速く3ステップだから難しくない。

STEP

1

調整

Z-Mでは、コンタクトを大きく削りながらも、ジルコニアにクラックを発生させることなく、均一な面に仕上げることが出来ます。この工程でコンタクトを完璧に整えると少し空いてしまうので、次のステップで完成させてください。

Z-M.png

STEP

2

中研磨

Z-Fでの中研磨は、最も重要なポイントです。ジルコニアを削りながら艶を出すことができます。微調整の場合は、この工程から始めることができます。

Z-F.png

STEP

3

艶出し

Z-Sでは、最終調整しながら艶を出すことができます。コンタクトは患者にセットした後では触れることができないため、必ずこの工程を行ってください。さらに完璧な研磨を追求する場合にはZ-SFというより細かい製品をご用意しております。

Z-S.png

製品ラインナップ

 

Zシリーズ

ジルコニアを削り磨き上げることに特化させたペルーラダイヤ。​歯科医院でジルコニアの研磨が完結できます!